So-net無料ブログ作成
検索選択

マイターベンド

SketchUpのバージョンも7になりましたがこのブログを始めた頃からの悩みはまだ解消しません。というかそんなことで悩んでいるのが私一人なのか、時に折、検索をしてみますが同じ悩みを抱えている人に出会えません。
配管のモデリングをするとき、曲がり部分にどうしても円弧が使えないことに困っている人がいないわけはないと思うのですが、多くの方はどうやっているのでしょう?
と、言う訳で懸案だったパイプの曲がり部分を自動作図するRubyスクリプトを作りました。
以前のエルボとよく似ていますが、こちらは曲がり角度を自由(0度以上180度以下)に設定できるようにしていて以前のエルボのような円弧を使った形状の近似化はしていません。板金展開図にも応用可能です。
mitrebend.zipを\Pluginsフォルダに展開してSUを起動するとPluginsメニューにmitrebendが出ます。
mb01.jpg
mb02.jpg
mb03.jpg
mb04.jpg
ご使用は自己責任でお願いします。
mb05.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

Skin.rb を使う

Skin.rbインストールから使用例を再現してみます。
sk00.jpg
ruby library depotのNewest Plugins Pageにv2.3があります。GSUのPluginsフォルダ解凍すればOKなのですが、表示->ツールバー->Skinをチェックしてアイコンのダイアログを表示させる必要があります。
ツール->Skin->Skin->はなぜか反応しません。
sk01.JPG

sk02.JPG
インストール完了!
円を描きます。
sk03.jpg

Y軸(青)方向に複写(Ctrl+移動)します。
sk04.jpg
sk05.jpg
長さにx3と入力して4個の円を作ります。
sk06.jpg
下から2番目の円を8角形にします。
sk07.jpg
下から3番目の円を5角形にします。
sk08.jpg
一番上は3角形
sk09.jpg
円の面は消しましたがあってもOKです。
sk10.jpg
settingsのSkin Optionsをいじります。
sk11.jpg
全てを選択して
sk12.jpg
Connects the selected groups of entities.
sk13.jpg
1段毎に’はい(Y)’、’いいえ(N)’が問われるのでどちらかを選択します。
どちらにしても結果が気に入らなければSkin.rbでは解決できない問題だったと諦めましょう。
sk14.jpg
底が円で上が三角の奇妙な筒ができました。
sk15.jpg
スムージングしてみます。
sk16.jpg
Skin.rbを使わなくても稜線を一本ずつ書き込んでMake facesでも出来ます。
二つ以上のエンティティ間に面を作る道具”Skin.rb”でした。

板金展開

板金展開関連のキーワードでこのブログを訪れる方が多いみたいなので、それらしい動画をアップします。

ebi.JPG
この場合、円を正24角形で近似していますので円周寸法に誤差が出ますが尺度コマンドで補正出来ます。
緑軸方向に1.0028倍 又は、緑軸方向に942.48mm

半径150mmの円周     ≒ 正24角形の周長*1.0028  
150*2*3.1416=942.48 ≒ 939.79*1.0028=942.42

円錐や角丸の場合はそう単純にはいきませんが。
iconicon

直線を曲線にする weld.rb

昨日の続きでドリル(錐)のスパイラル形状をモデリングしてみるが、
依然、follow me rotate は振舞いの法則がわからない。
follow me rotateで使用するパスは曲線属性でなければならないのか?
一本の直線とフェイスを選択しても何も起こらない。
そこで、直線を一度分割してweld.rbで曲線属性にする。
wd01.jpg
wd02.jpg
いいえ
wd03.jpg
いいえ
wd04.jpg
曲線属性の直線が出来た。
wd05.jpg
follow me rotate

錐ドリル

今日、ボール盤穴あけ作業をしていて「 錐ってモデリングできるかな?」と思いやってみた。
奇遇にもJim Foltz さんのブログでfollow me rotateが紹介されていたので早速DLした。
このプラグインはなかなか直感通り反応してくれない。難しい。
試行錯誤の結果、何とか形になったが、手順の再現はもう少し練習が必要。
とりあえず動画
iconicon

Skin.rb

ロフトのためのツール。よく理解はしていないが試してみた。
JIS B2803[アイフック]をモデリングしてみる。
ihook.jpg
webで見つけた標準図をキャプチャーしjpgに落としてSUにインポートする。
hooks.JPG
sk01.JPG
メジャーコマンドで実際の寸法に合わせる。
sk02.JPG
画像を上からなぞって輪郭をスケッチしてゆく。
線色が黒のままだと判り辛いので、線色を赤くしておく。
主要な寸法を押さえてあとはスムースにつなぐ。
よって、厳密な寸法は再現が難しい。
sk03.JPG
輪郭が出来たらグループ化しておく。
sk04.JPG
sk05.JPG
次に標準断面をなぞって輪郭をスケッチする。
中心線を描いて対称化したほうが良いかも。
sk06.JPG
標準断面の輪郭を選択して weld.rb
面は作らない。グループ化もしない。
sk07.JPG
標準断面を中心線を使って90度回転させる。

sk08.JPG
さらに平面の中心点を使って回転コピーする。
sk09.jpg
標準断面をひとつずつ選択して尺度コマンドで大きさを調整する。
sk10.jpg
sk11.jpg


眼見当になるので拡大して丁寧に。
sk12.jpg

ここから"Skin.rb"の出番。
sk13.jpg
sk14.jpg

輪郭のスケッチをCADを使ってインポートすればもっと正確な物が
出来る筈なので使い物にはなるかも。

sk15.jpg
iconicon

お勧めRecommend

突然ですが、
私がスケッチアップを使い始めていろいろ手こずっていた頃、目から鱗の解説サイトにであいました。
y-y.JPG
 初心者が陥りやすい操作まちがいを見事に丁寧な解説をされています。
 (y_y)氏 は、私にとってSUの師匠です。
今も活発に更新されています。

 私はこのところ、ブログほったらかし状態ですが、現場作業に借り出されていたり2Dに縛られていたりで、、、[ふらふら][もうやだ~(悲しい顔)][ちっ(怒った顔)]

マンセル番号で着色 

塗装の仕様はマンセル番号で指示されることがある。
標準のマテリアルには”色”と"色-名前付き”があるが、マンセル番号には相対していない。
今までは、よく似た色を選択してそれらしくしてきたが、” Munsell color maker  ”というプラグインを使えば、ずばりそのものが得られそうだ。ファイル名 Munsell_Maker.ZIP

ms01.JPG
マテリアルのモデル内を開けておくとそこにマンセル番号のマテリアルが現れる
ms02.JPG
ms03.JPG
ms04.JPG
Munsell Color enter で上から 色相、明度、彩度、のよう。
塗装は専門外なので詳しいことは判らないが、とりあえず、仕様通りに番号を設定すれば、その色が得られる。
灰色、無彩色(N-7など)がColorのなかに無いので慌てたが、Complete Chromaを選択すれば、
ms05.JPG
ms06.JPG
ms07.JPG
0R 1/0から0R 9/0までが出てくるのでそれでN-1からN-9に使えそう。
尚、色立体の範囲を外れるとエラーになる。
ただし、色については各自のモニタープリンターによって全然違ってくることがあるので規格をクリアーした訳ではない。気休めとは言わないがそれなりのつもりで使っていくことにする。
iconicon

コンポーネント 固有にする make unique

グループ化とコンポーネント化は使い道が違う。
コンポーネントはコピー(ctrl+移動)で増やした後、”固有にする”で別コンポーネントになる。
mu01.jpg
コンポーネント#1
mu02.jpg
コピー
mu03.jpg
さらにコピー
mu04.jpg
うち2個だけ回転、向きを変える
mu05.jpg
さらに一個コピーして回転、水平にする
mu06.jpg
それをコピー
mu07.jpg
一個を向きを回転
mu08.jpg
mu09.jpg
それを回転コピー
mu10.jpg
移動
mu11.jpg
現状で’コンポーネント#1’が8個
mu13.jpg
2個選択して”固有にする”
mu12.jpg
さらに水平の残り2個を選択して”固有にする”
mu14.jpg
mu15.jpg
コンポーネントを編集
mu16.jpg
mu17.jpg
mu18.jpg
mu19.jpg
移動
mu20.jpg
コンポーネントを編集
mu21.jpg
mu22.jpg
mu23.jpg
垂直のコンポーネントを編集
mu24.jpg
一個の編集が4個に反映される(コンポーネントの編集なので当然)
mu25.jpg
mu26.jpg
mu27.jpg
mu28.jpg
コンポーネントを”固有にする”は複数選択して固有に出来る

溶接ビード

SketchUP専用掲示板 での質疑に参加して自分も改めて疑問に思ったのでここに書いておきます。
細かな部分や材質の表現はマテリアルに頼るのが通常なのですが、それが難しい場合もあります。
以下、

R状のパスに沿ってテクスチャーを貼り付けには限界がある。
うろこ状を線で描いて複写したほうが早くてきれいだと思った。
ただ、データは重くなる。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。